デザインに合わせて素材を選ぶ!部活Tシャツ作りのポイント

手書きのデザインにも対応

自宅から簡単に送れます

ウーマン

部活動やサークルなどでスポーツをされている方も大勢いらっしゃるでしょう。
練習の際はジャージを着用される方も多いですが、試合の時はお揃いの部活Tシャツを利用されるチームも珍しくありません。
オリジナルの部活Tシャツは、チーム名、チームカラー、個人名など自由にデザインをする事が出来るのでチーム全体の士気を高める事にも繋がります。
これから部活Tシャツを作ろうと考えている方は、利用方法やデザインデータの入稿方法をしっかり把握しておきましょう。
まず、部活Tシャツは専門の業者に依頼する事が一般的となっています。
各業者によってTシャツ一枚の単価が違ってくるので、まずは業者を見比べる必要があります。
そして、多くの業者では近年インターネットを利用して依頼できるようになっています。
欲しい数を指定して、デザインを入稿すれば依頼が完了されるので自宅から簡単に作る事が可能です。
デザインデータの入稿方法では、指定されたファイル形式のデータをメールで送る方法、手書きのラフスケッチをFAXで送る方法、そしてデータCD-ROMやDVDなどのメディアを郵送で送る方法などがあります。
データを送る方法を利用する場合、カラーモードに気を付けておきましょう。
デジタルカメラやスマートフォンで撮影された画像をそのまま添付されるとカラーモードはRGBになっています。
RGBのままでは色が薄くなってしまうので、CMYKに変換しておきましょう。
業者によっては変換作業を行ってくれる所もありますが、ご自身でも注意して覚えておくと良いでしょう。

業者に依頼するメリット

衣類

中学校や高校、大学時代に同じ時間を過ごした仲間というのはかけがえのない財産です。
特に部活を通して青春時代を共有している場合、その関係性は一生続くほどの価値がある場合が多いので、その時間は大切にしたいものです。
そこで、仲間と共に同じデザインのTシャツを作成して、団結する力をより高めるというのが増えてきています。
この部活Tシャツを作成してくれる業者も非常に増えており、人気が上がってきていることが伺えます。
部活Tシャツを作成する方法としては、主に業者に依頼するか自分達で作成するかの2通りに分かれるますが、一見自分たちで作成したほうが安く済むのでメリットが多いのではないかと判断するかもしれません。
しかし、多くの部活Tシャツ作成業者が存在する現在では、業者に依頼するメリットの方が多い場合がほとんどです。
まず、一番重要とも言える費用ですが、自分で作成する場合でも、Tシャツは購入しなければなりません。
一枚安くて500円ぐらい、更に自分たちでデザインを考え、アイロンなどを使ってプリントする手間を考えると大体一枚あたりの費用は1000円ぐらいとなるのではないでしょうか。
業者に依頼すれば、一枚1000円というのはベーシックな価格です。
依頼する枚数によってはもっと安くなります。
更にデザインなどは予め雛形が用意されていますので、その中から選んだり、手を加えたりするだけなので、非常に楽です。
申し込み方法もインターネットから可能な業者が多いので、安くてカッコイイ部活Tシャツを作れるはずです。

便利なシステムを

Tシャツ

部活Tシャツの作成を業者に依頼することで、質が良くて目的に合う部活Tシャツを迅速に作ることができます。
部活Tシャツに使用する生地の選択をする際には、生地の強さに注目する必要もあります。
接触の多い競技に活用する生地は破れにくい性質があることが大切です。
部活Tシャツにオリジナリティを求めることは多くて、発色などにこだわりがあることもあります。
また、競技ごとに選手間の距離は大きく異なり、広い空間を活用する競技の部活Tシャツは遠くからはっきり見えるように発色が良いことが求められることも多いです。
部活Tシャツには様々なプリント技術が活用されていて、ラメプリントなどもよく活用されます。
ラメプリントはプリント加工の一つで、インクにラメを入れた特殊なインクでプリントします。
この加工法を活用することで、ギラギラ感があってよりインパクトのあるプリントとなります。
ラバープリントは個人名や背番号が入っていたりして、一枚ずつデザインが異なる場合に活用されることが多いです。
便利なシステムがある業者はとても便利で、自分で作ったイラストや写真をアップロードできるシステムの人気は高いです。
自分独自のデザインを反映させたい場合にこうしたシステムを活用することが多いです。
こうした便利なシステムがあると、発注から商品が届くまでの日数が短く済んで、部活Tシャツ緊急に作りたい場合などに特に有益となります。
部活Tシャツなどの作成技術は進化していて、様々な部活Tシャツが日々誕生しています。

手書きのデザインにも対応

ウーマン

部活やサークルで利用する部活Tシャツを作りたいと検討されている場合、まずはデータ入稿の方法を覚えておきましょう。最も多いやり方ではデザインデータをメールで送る方法です。その他にもラフスケッチを手書きで書き、FAXで送る方法もあります。

もっと読む

オリジナルで差を付けよう

メンズ

オリジナルデザインの部活Tシャツを着ることで、メンバーの仲間意識が自然に高まります。練習や試合のときのモチベーションも上がるため、成績アップにも繋がる可能性が期待できます。希望に合った部活Tシャツを作ってくれる業者を捜してみましょう。

もっと読む

Tシャツ作りにチャレンジ

服

部活Tシャツを作るならTシャツのプリントサービスが便利です。プリント技術にはシルクスクリーンやインクジェットなどがあり、デザインや価格などに合ったものを選ぶことが出来ます。また、無料見積やテンプレートの提供、オンライン入稿なども可能です。

もっと読む